Método de Nutrição

De Ooshin
Ir para: navegação, pesquisa
Translation Latin Alphabet.svg
Este artigo ou seção está a ser traduzido. Ajude e colabore com a tradução.


八、食餌の方法 8. Método de Nutrição
食餌の方法などという事は、実に、おかしな話であって、方法もクソもありはしない。腹が減った時に、箸と茶碗で食えばいいのであるが、今日、文化が進んだ為に、反って間違った点が多々あるのを以て、本当の食餌法を説くのである。
腹が減るから、飯を食うという事は真実であるが、今は、そうではないのである。腹が減らないのに我慢して食い、美味い物を不味く食う人が多くなっている のである。又、食いたい物を食うと言うのなら、当然だが、食いたいものを我慢して喰わないで、喰いたくないものを我慢して食うという、不思議な文化人が多 くなっているのである。
本当から言えば、三度の食事の時間を決める位、間違った事はないと共に、又、食餌の分量を決める位間違っている事は、これもないのである。考えてもみる がいい、千差万別、あらゆる食物が消化さるる時間は、決して一定してはいない。それぞれみんな違っている。三時間で消化する物もあれば、五時間以上でなく ては消化しないものもある。それ故、食事から食事までの間隔を一定すれば、腹が減り過ぎる事もあれば、腹が減らな過ぎる事があるのは当然である。腹が減り 過ぎた時は結構であるが、腹が減らないのに、時間が来た以上食わなきゃならないという事は、初めに言った、食いたくないのに喰う訳なのである。それと同じ く分量も腹が減れば余計食うし、減らなければ少く食うという事が、最も自然的であり、合理的ではないか。たとえて言えば、寒いから綿入を着、火鉢にあたる のであって、暑くなれば、浴衣になり、氷水を飲むのである。そのごとく、人生何事も一定に決められるものではないので、決めるという事が不可なのである。 今日、医家が言う養生法に、食事の時間を定めて、食事の分量を定めよという事が、いかに間違っておるかは判るであろう。しかし、そうは言うものの、食事の 時間だけは、不規則に出来得ない、勤人のような境遇者は止むを得ないから、せめて、食事の分量を伸縮するより致し方ないであろう。しかし、境遇上、出来得 る人は、私の説く様にすれば、必ず胃が良くなり、健康が増進する事は保証するのである。
次に、今の人は、食物について、非常に間違っている点がある。それは、何が薬だとか、何が毒だとか言って、喰いたいと思う物を喰わないで、喰いたくもな い不味い物を我慢して喰う傾向がある。それも、実際に合っていれば未だしもだが、飛んでもない間違った事を行っている。本来、あらゆる食物は、神が人間を 造り、その人間を養う為に、種々の要素を必要とする。故に、その必要の要素が形を変え、味を変えて、食物になっているのであるから、何が薬だとか、何が毒 だとか、人間が勝手に決められるべきものではないのである。つまり、その時喰べたいと思う物がその時の必要なる物で、それが、その時その人に、薬になるの である。ちょうど、喉の乾いた時に、水が飲みたい様なもので、それは、その時水分が欠乏しているからである。食べたくないとか、不味いとかいう物は、その 食物が必要でないからで、そういう物を我慢して喰えば、毒にこそなれ、決して薬にはならないのである。であるから、最も理想的食餌法を言うならば、喰べた い時に、喰べたい食物を、喰べたいだけ喰うのがいいのであるから、少くとも、病人だけはそうしたいものである。
次に、咀嚼(そしゃく)についていわんに、よく噛む程いいという事は世間で言われ、又、大方の人はそう信じているが、これも間違っているのである。これ について、私は実験した事がある。確か拾余年前だったかと思う。アメリカにフレンチャ〔フレッチャー〕という人があった。この人が作った、フレッチャー 〔リ〕ズム喫食法というのがある。出来るだけよく噛む――形がないまで、ネットリする位まで噛んでから呑み込むという行(や)り方なので、大分、その当時 評判になったものであるが、それを私は、一箇月間、実行してみた。最初は、非常に具合が良かったのであったが、段々実行してゆく裡(うち)に、胃の方が少 し宛(ずつ)、弱ってゆくのが感じられ、随って、何となく身体に力が薄くなった様な心持がしたので、これではいけないと、元の食餌法に変えた所が、忽(た ちま)ち力を恢復したのである。この実験によって、よく咀嚼するという事は、胃を弱める事になり、大変な間違いであるという事を知ったのである。しから ば、どの程度が一番いいかというに、半噛み位が一番いいので、その実行によって、私は、胃腸は頗(すこぶ)る健康であるのである。
食物について一例を挙げれば、私は、夏は、茄子(なす)の香の物と枝豆を特に余計食う。これは、茄子を喰うと非常に痰が出る。その理由は、茄子は、体内 の掃除をする力があるので、神は人間に、沢山食わしむべく、この野菜は、沢山生(な)るのである。枝豆は夏季に限る野菜でこれも夏季多食すべく、与えてあ るのである。又秋は、柿を出来るだけ食するといいのである。柿は冷えるというが、これは冷えるのでなくて、体内の洗滌をするので、それが為に、小水の多量 排泄となるのである。
(注)フレッチャーリズム

米国の時計商人ホーレス・フレッチャーによる1899年の提言「食物はよく噛んで食べよ」のこと。氏はあまりに肥満のため生命保険に入れなかった。これに 発奮したフレッチャーは摂取カロリーを1600位まで減らすためによく噛むことを主にした健康法を実践した。1930年代に入ると当時の日本の食糧事情か ら「よく噛んで食べることの大切さ」は国民的なスローガンとなり一世を風靡することにもなったが、もとは単なる肥満防止法である。